新しいインプラント治療

自分の歯を失った時に代わりの歯を入れる治療として、インプラント治療は、ずいぶんと定着してきましたね。
でも、インプラント治療と言うと、歯ぐきを切開して顎の骨にインプラントを埋め込むという手術を必要とするため、痛みや治療期間の長さから、尻込みしてしまっている人も多いことと思います。

そんな人たちにうれしい、新しいインプラント治療というものがあります。
新しいインプラント治療の方法とは、虫歯で使用不可能になった歯を抜き、その場でインプラントを埋め込むという方法です。
歯を抜いたらすぐにインプラントを埋め込むため、わざわざ改めて歯ぐきを切開する必要がありませんし、治療に必要な麻酔の量も、普通の虫歯治療の時と同じ量で済むというメリットがあります。

無駄を省いたこのインプラント治療は、とても画期的な方法ですよね。
これまでのインプラント治療は、抜歯した後の歯ぐきを切開して、顎の骨にインプラントを埋め込む方法が主流でした。
でも、一部の歯科クリニックで、抜歯した直後にインプラントを埋め込む治療をしてしまうという、新しい治療方法を実践しています。
抜歯からインプラント挿入までが一度の処置で済むので、負担も軽く、治療にかかる期間も半分ほどに短縮されるといいます。
インプラント治療は優れていると思いつつも、躊躇してしまうのは、手術への恐怖心や麻酔への不安、長い治療期間などが理由の人が多いと思います。

そんな人たちにも、この新しいインプラント治療だったら、麻酔の量も少なく、治療期間も短いので、インプラント治療に踏み切りやすくなりますね。
これからもインプラント治療は、様々な歯科クリニックでどんどん新しい方法が提供されるようになるでしょう。
常に新しい情報、正しい情報を配信しているインターネットなどを参考に、自分に最適な治療方法を探してみるといいですね。

インプラントにかかる費用は人それぞれ

一般的に、インプラントは「お金のかかる治療方法」と思われがちです。たしかに、普通の歯科治療に比べると、インプラントはコストのかさむ治療法である……というのは否めません。ですが、すべてのインプラントが一様に高額である……というわけではないので、その点はご注意いただければと思います。どんな治療もそうであるように、インプラントも、治療を受ける人が10人いれば、10人それぞれの治療内容とコストが存在する……ということをご理解いただければ幸いです。

インプラントにかかる費用は、大まかに分けると、「手術費用」と「人工歯冠や土台を作る必要」の二つに分類されます。インプラントのコストを理解するためには、まずはこのことを覚えておいていただければ良いのではないかと思います。

インプラントを受けるために歯科クリニックを訪れると、まずはカウンセリングの時間が用意されると思います。カウンセリングでは、治療を行う歯の本数や、歯の質、土台となる骨の状態、かみ合わせの状態、それから基礎疾患の有無などを踏まえた上で、歯科医師やクリニックのスタッフが、今後の治療スケジュールを患者側に提案します。患者となるわたしたちは、それらの説明を聞いた上で、インプラントを受けるかどうかを決める形になります。

その際には、治療にかかるコストのことなども、提案がなされると思います。患者側はその提案を受けた上で、「費用対効果がある」と感じられれば、インプラントを受けることを決断する……という形になるかと思います。このように、インプラントにかかる費用は患者に合わせて決まっていくのです。

歯医者さんといい関係を

自分の歯を失ってしまった時には、速やかに新しい代わりの歯を入れる必要があります。
最近では歯の治療についても、大きく進歩していて、
入れ歯やブリッジだけではなく、インプラントという新しい治療方法が、定着しつつあります。

顎の骨に人工歯根を埋め込むインプラントは、歯の治療とは言え、麻酔をして手術をする必要があります。
よりよい治療を受けるためにも、いい歯医者さんを選び、
いい関係を築くようにしたいものです。

インプラントの手術を受けるということには、誰でも少なからず不安を抱いているものです。
遠慮して質問できなかったり、
話しにくい歯医者さんで自分の希望などを伝えにくかったりすると、
不安は大きくなってしまいます。

不安を少しでも取り除くために、歯医者さんには何でも質問できて、
何でも言い合えるようになっておきましょう。

インプラントの治療といえば、麻酔をして手術を必要とすることの他に、
後々のメンテナンスというものが、重要になってきます。

今や、インプラントの持続性は、
10年から半永久的とも言われるほど、優秀なものになりました。
ただ、この持続性も、インプラント治療後のメンテナンス次第というところがあります。
毎日の歯磨きに、デンタルフロスを用いたりして、
きちんとプラークコントロールをするのはもちろんのこと、
定期的に歯医者に通ってチェックをしてもらうことが必要です。

従って、インプラントの治療をしてくれた歯医者さんとは、
その後も何年もにわたって、長いおつきあいになるわけです。

自分の歯のかかりつけ医がいれば、精神的にもとても安心できますよね。
歯医者さんといい関係を築いて、長い年月、
歯を診てもらえるようにしておくことをおすすめします。

経験の豊かな歯科医師を選ぼう

インプラントは、高度な技術を要する施術方法です。

どんな医療行為もそうであるように、インプラントも担当する歯科医師の技量によって、
手術の安全性や施術後の患部の状態などは大きく変わってきます。
だからこそ、インプラントを受ける際は、
「インプラントに対して経験の豊かな歯科医師」を選ぶように心がけてみてください。

ここでポイントとなるのは、「インプラントに対して経験の豊かな」という点です。
いくら虫歯の治療に関して経験が豊富であっても、
虫歯の治療とインプラントでは施術の内容が大きく異なります。

勤続30年、インプラント経験10例のベテラン医師より、
勤続10年、インプラント経験100例の若手医師の方が、
インプラントに関しては確かな腕を持っている……というケースも、良くあることだったりします。

自分のかかろうと思っているクリニックの歯科医師が、
インプラントに対して経験の豊かな歯科医師かどうかを確かめるには、
率直に、これまでの手術件数を尋ねてみるのが一番だと思います。

この段階で、手術件数を教えることを渋るような歯科医師のクリニックは、
受診を避けた方が賢明ではないかとも思います。
患者の求める情報を開示しないような歯科医師のクリニックでは、
安心感を持って治療を受けることはできないでしょう。

手術件数をこれだけこなしていれば大丈夫、という数が決まっているわけではありませんが、
素人目にも充分な件数をこなしているのだな、
ということが分かれば、そのクリニックでの治療を決めても良いと思います。

手術を伴う治療方法だけに、インプラントを受ける際は、
信頼のおける歯科医師をしっかりと選びたいものですね。

子供の歯を守ろう

『8020運動』と言って、80歳になっても20本の自分の歯を残そうという運動があります。
最近は、入れ歯だけではなく、インプラントなどの新しい治療法も定着しつつありますが、
できれば自分の歯を少しでも多く残したいものです。

生涯自分の歯を守るためには、子供のうちから、きちんとしたデンタルケアを行うことが大切です。
お子さんは、きちんと歯磨きをしていますか?

子供の歯は3歳までに、虫歯になりやすいかそうでないかが、決まるそうです。
歯が生えるまでに、虫歯菌が口の中に存在してしまうほど、
虫歯になりやすくなってしまうのです。

親の口の中の虫歯菌が子供の口の中にうつってしまうので、
同じ食器を使って食べたり、口にキスをしたりすることは、避けましょう。
自分で歯磨きをできない年齢のうちから、
親がきちんと歯を磨いてあげましょう。

大人になってから、虫歯になったり、虫歯の悪化から抜歯をするという人は、たくさんいます。
その結果、入れ歯やインプラントなどの代わりの歯が必要になってしまう人もいます。

できるだけ自分の歯を長く保てるように、子どものうちからデンタルケアを習慣にしましょう。
朝、昼、夜と、食事をするたびに歯を磨くことは、とても大切です。
最近の小学校では、給食の後に歯磨きをさせたり、
フッ化物でうがいをさせたりと、子供のデンタルケアに力を入れているところが、増えてきました。

子供のうちにこれらのことを続けておくと、
大人になってから虫歯になる確率が、グッと少なくなります。
家庭でも、食後はなるべく早く歯磨きをさせ、
デンタルフロスなどで歯と歯の間の汚れを落とすなど、丁寧なデンタルケアを続けるようにしましょう。

おやつの回数が多かったり、甘いジュースなどを頻繁に飲むことも、虫歯の原因となります。
正しい食習慣も、歯の健康のためには大切なのです。

インプラントとブリッジの耐久性

虫歯の悪化や歯周病によって、自分の歯を失う人はたくさんいます。
特に40歳を過ぎると、抜歯せざるを得ない状態の人がぐっと増えてしまいます。
自分の歯を失うと、食べることに苦労するだけではなく、
噛み合わせが悪くなったり、顔の輪郭が歪んでしまったりと、様々なトラブルが起こりやすくなります。

もし、自分の歯を失ってしまったら放置ずせずに、一刻も早く治療を受けて代わりの歯を入れるようにしましょう。
歯を失ってしまい、入れ歯を使うことに抵抗を感じる人は、
だいたいインプラントかブリッジという治療を選びます。

インプラントは最近定着しつつある、新しい治療方法です。
インプラントとブリッジでは、どちらが耐久性に優れるのか?これが、多くの人が抱く疑問だと思うのです。
結論から言えば、インプラントとブリッジの耐久性にほとんど違いはありません。

歯周病や虫歯が原因で、抜け落ちてしまった自分の代わりの歯を入れる場合、
多くの人がせっかく治療を受けるのだから…と耐久性を重視します。

治療後の生活の中で、自然にインプラントが破損したり、
ブリッジのかぶせ物が破損するということは、めったにありません。
多くの場合は、治療後の歯のケア不足が原因で、歯周病のような症状を起こしてしまい、
インプラントやブリッジを傷めてしまうことが多いのです。

つまり、治療後、歯ブラシやデンタルフロスを使って毎日のデンタルケアを丁寧にし、
医師の指示通りに定期検診を受けることで、インプラントもブリッジも十分長持ちさせることが可能なのです。

インプラントとブリッジには、それぞれメリットとデメリットがあります。
歯科医と相談の上、自分の体質や、金銭面の状況に合わせた治療方法を選ぶようにしましょう。

失った歯はインプラントで取り戻せる!

一度失った歯は、二度と取り戻すことはできない。
だから歯を大切にしましょう――。

子供のころから、こんな風に言い聞かされて育った人は多いと思います。
たしかに、歯は一度失うと、二度と生えてくることはありません。
そういう意味では、この言葉は正しいと言えるでしょう。

しかし、二度と取り戻すことはできない、という言い方には、少し語弊があると思います。
なぜなら、インプラントの技術を使えば、失った歯を取り戻すことは充分に可能だからです。

インプラントは、ここ数十年の間に広く普及した治療方法です。
ブリッジや入れ歯と違い、より自然な形で、失った歯を補填することができます。

何らかの事情で歯を失ってしまい、そのことに悩んでいる人には、
ぜひインプラントという治療法があることを知っていただきたいと思います。

歯科医院などに貼られているポスターで、インプラントという名前を見かけたことはあっても、
実際にインプラントがどのような治療方法なのかは良く分からない……という人も多いと思います。

インプラントというのは、人工の歯を手術によって歯肉に埋め込んでしまう、という治療方法です。
歯肉に直接人工の歯を埋め込むので、ブリッジや入れ歯のように、
使用中に外れてしまうという懸念はありません。

そのため、歯を失う前と同様に硬いものが食べられたり、
大きな口を開けて笑えたり、スポーツをしたりすることができるのです。

手術と聞いて尻ごみをしてしまう人もいるかもしれませんが、
しかるべき歯科医院を受診すれば、安全に手術を受けることができるので、
まずは一度、インプラントで評判の良い歯科医院を探して受診してみてください。

よく噛んで健康な身体に

毎日の食事、きちんと噛んでゆっくりと食べていますか?
食べ物を細かく噛み砕いて食べる事をしないと、
身体に様々な悪影響が出てしまいます。

早食いや、よく噛まないで食べることは、
肥満や消化活動を妨げる原因になってしまいます。
食べ物をきちんと噛み砕くことで、食べ物の消化や吸収を助ける他にも、
顎を大きく成長させ、脳に刺激を与えて活性化させる効果があります。

顎が大きく発達すると、更に噛む力が増すので、食べ物を吸収しやすくなります。
最近の子供は顎が細く、永久歯もなかなか生えてこないような子供もいます。

柔らかいものばかりを食べる食生活で、きちんと噛むという行為が少なくなった結果だと言われています。
また、歯周病やケガなどで、自分の歯を失ってしまった時には、
できるだけ早くインプラントなどの治療を受けるようにしましょう。

毎日の食事の栄養をきちんと体内に取り込むために、
また、顎の発達や脳への刺激のためにも、良く噛むことはとても大切です。

きちんと噛むことで、かみ合わせがきちんとしたり、顎関節症を予防することもできます。
ですから、子供のうちから固いものを良く噛んで食べる習慣をつけましょう。
噛めば噛むほど、唾液の分泌もさかんになります。

唾液には、様々な成分が含まれているので、抗菌や殺菌作用、
骨や歯の成長促進などを始めとして、身体の健康のために大きな効果をもたらします。

歯周病やケガが原因で自分の歯を失うことになってしまった場合には、
インプラントなどの治療を受けて、できるだけ早く代わりの歯を入れましょう。

1本抜けただけだからと放っておくと、かみ合わせが悪くなったり、良く噛むことができなくなったりしてしまいます。
また、健康な歯の位置がずれてきたりもするので、
すみやかに治療を受けるようにしましょう。

歯の健康は全身の健康にもつながっている

わたしたちは普段、「たかが虫歯なんて……」「たかが歯周病なんて……」と、
お口の中のトラブルについて軽く見がちです。
しかし、実は歯の健康は、全身の健康にもつながっているのです。

考えてみてください。もしも歯がなくなったら、
ものを食べられなくなりますよね? ものが食べられなければ、人間はどうなりますか?
栄養失調で死んでしまいます。

つまり、歯の健康を守るということは、自分の健康を守る、自分の命を守るということにも等しいのです。

しかし、何らかの理由で、大切な歯を失ってしまった場合は、どうすればいいのでしょう。
もう健康を諦めなければいけないのでしょうか? それは違います。

ここにご紹介するインプラントという技術をもってすれば、
失った歯を、天然歯に近い状態で取り戻すことができるのです。

歯科医院の中に貼られているポスターなどで、
インプラントという言葉を見かけたことのある人もいることでしょう。
でも、実際にインプラントがなにをするものなのか、詳しく知っている人は少ないと思います。

インプラントとは、人工の歯を手術によって、歯肉に埋め込む治療方法のことです。
手術というと大袈裟に聞こえるかもしれませんが、
日帰りで出来るような、比較的簡単なものなのでそれほど心配はいりません。

インプラントの最大のメリットは、入れ歯やブリッジと異なり、
とても自然な形で失った歯を補填することができるという点です。

歯肉に人工歯を埋め込んでしまうので、外れたりする心配もなく、装着感もかなり自然で快適です。
全身の健康を守るためにも、ぜひインプラントを役立てていただければと思います。

ブリッジとは

自分の歯を失うと聞くと、ある程度年齢を重ねた人の話だと思っている人も、
多いのではないでしょうか。

でも、実は、20代や30代の人でも、
自分の歯を抜かなければならない状況になるケースは、わりとあるのです。

虫歯や歯周病、また事故やケガなどが原因で、
自分の歯を失ってしまうことは、たとえ若くても十分あり得るのです。

若い人が歯を失った場合、ブリッジやインプラントなどの治療法があり、
特にブリッジを選択する人が多いようです。

ブリッジとは、抜いた歯の両隣の歯を土台にして、橋をかけるような形で金具で固定する方法です。
治療も比較的簡単ですし、費用も安価で済むので、
初めての人が受けやすい治療です。

もちろん、ブリッジの人口歯は、抜いた部分にきちんとサイズが合うように作られ、
向い合せになっている歯とのかみ合わせ考慮されるので、物を噛む時に、大きな違和感は感じません。

ブリッジではない方法で解決する

特に、若い人が歯を失った時に選ぶことが多い治療法、ブリッジ。
ブリッジにするためには、両隣の健康な歯を削って被せる必要があります。

抜いた部分だけへの施術では済まないところが、デメリットといえます。

この、両隣の健康な歯も削る必要があるという点に抵抗を感じて、
ブリッジを敬遠する人もいます。

その場合は、インプラントなど他の治療を選ぶようにして、
くれぐれも歯を抜けたまま放置しないようにしましょう。

インプラントであれば、抜けた部分だけへの施術となるので、
健康な歯を削る必要はありません。

また、抜けた歯が多く、土台となる健康な歯にかかる負担が大きくなってしまう場合、
ブリッジでは無理だということになります。

抜けた歯の本数が、前歯であれば3本、奥歯であれば2本というのが、
ブリッジをできる限度です。
自分の歯の状態と治療方法の好み、また費用などをもとにして、
歯科医と相談をし、適切な治療方法を選ぶようにしましょう。